チャレンジの第一歩は安心安全な居場所づくりから


人がチャレンジするのに

何が一番大切ですか?って聞かれたら

第一に「安心安全な居場所」って答える。

なんでも話せる相手とか

失敗しても馬鹿にされない居場所とか

利害の関係ないコミュニティとかね。

チャレンジするのに絶対的に必要な

「 自分への信頼感 」って

こういうところから得られるものだと思うんだよね。

稀に、生まれながらにして持っている人もいるんだけど

今の時代、このタイプってなかなか稀有。

一部の成功者しか当てはまらない。

そもそも、そういう人には「家庭」とか「昔ながらの友達」とか、育ってくる過程「安心安全な場所」が用意されていたりもするしね。

安心安全な場所。多くの人がこれなしに、チャレンジしようと思っても、やっぱりどっかで挫けちゃう。

ひと昔まえの私もそうだった。

今の私には、プライベートなら家庭や仲間、仕事には仕事で、その時々で信頼して相談できるメンターがいる。

この「居場所」は、多ければ多いほど安定する。

多様であればあるほど、自分の幅が広がるし、やれることが増える。

私がグルコンをやって良かったなって感じている一番はここ。5ヶ月間もいっしょに過ごすから、リアルで会ったことないのに、めっちゃ仲良くなるし、それぞれの「アップ」も「ダウン」も受け入れ合える関係性ができる。

勝った、とか、負けた。

とかじゃないから、お互いの一歩を応援しあえる。共感しあえる。

最近講座内でのやりとりを見ていて、あぁ、本当にやって良かった。ってめちゃめちゃ感動することが多い。と同時に、自然発生的にみんなそれぞれのチャレンジをし始めていて、その様子に私も背中を押されたりもする。

ヤァー。本当にいい。すごくいい。

この関係性は講座が終わった後も続いていくだろうし、財産だなぁ。これが1期生、2期生と続いていくって、その横のつながりもまた楽しみでしかない。そんな、マーシフル1期生まだまだ申し込み受け付け中です!





(0期生からのご感想)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

◇講座を受けて何がどう変わりましたか?

まず、自分が「子どもだ」と知れたことが大きかった!

今まで感じていた生きづらさや人に理解されない感じの意味がわかり、とってもスッキリ☆

それによって、「あぁ、オレ子どもなんだなぁ。」と、とっても気持ちが楽になった♪

あとは、グループのメンバーがとてもすてきで、「この人たちになら、なんでも話していいなぁ。」と思える人達が集まった、これはちかちゃんの力だなぁと感じる♪

どんなことでも、持ち出していい場づくりがされているので、安心感がある!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー



閲覧数:3回0件のコメント